光熱費対策!ガラス屋に断熱ガラスの交換をお願いしよう

ガラス交換でここまで変わる!快適な部屋作り

断熱ガラスへの交換作業の流れとは

ガラス屋さんでは、どのようにガラス交換を行なってくれるのでしょうか。予め依頼の流れを把握しておくとスムーズです。高機能な断熱ガラスに交換して光熱費を削減するために、作業方法について見ていきましょう。

ガラス屋さんではこんな風に作業しています

サイズを測る

はじめにガラスの採寸を行ないます。ガラス交換に掛かる費用はガラスの大きさと種類でほぼ決まるため、正確に測ることで見積もりも正確になります。また、ガラス屋に依頼する前におよそのサイズが分かれば、電話相談の際に大体の料金を教えてもらえます。

解体する

ガラス屋が交換するガラスを持って来て、施工が開始されます。ガラス屋は高所や難所での作業を安全なものにするために、足場の確保や現場の養生をしっかりと行ないます。安全・確実にガラス交換を行なうために、ガラス屋に依頼しましょう。

はめ込む

古いガラスを取り外した後は、新しいガラスをサッシにはめ込みます。サッシが劣化している場合は、いくら新しい高機能ガラスをはめ込んでも意味がありません。サッシに劣化がないか、ガラスの採寸時や解体時にガラス屋に確認してもらいましょう。

最終確認

無事に新しいガラスをはめ込んでもらったら、ガラス屋と一緒に仕上がりを確認します。仕上がりに納得いけば、料金を支払います。業者によってクレジットカードでの支払いが可能です。手持ちが少ない場合は、現金以外でも支払いが可能か前もって聞いておきましょう。

ガラス屋に依頼するときのポイント

窓

ガラス屋にガラス交換を依頼する前に押さえておきたいポイントをまとめます。まず、はじめに「ガラスの大きさ」が挙げられます。畳1畳分か半畳分かなど大体で良いので、メジャーなどを使いガラスとサッシを採寸しておきましょう。次に、交換したい「ガラスの種類」をある程度決めておくことです。透明ガラスもしくはすりガラスにするのか、二重ガラスや網入りガラスにするのか決めておきます。そして、「修理・交換箇所」を把握しておくことも必要です。ドアや窓の床面からどのくらいの高さにあるのかなども、測って知っておきましょう。

TOPボタン